自分にあったトレードスタイルを選ぶ

FXの魅力は、なんといっても業者の休日である土日以外は24時間いつでもトレードを行うことができるという点です。自分のタイミングに合わせて取引を行うことができるというのは、実際に始めてみればわかりますが、思った以上に重要な要素なのです。


たとえば朝起きてからマーケット情報を確認。出勤途中の電車の中で、さらに詳しい社会の動きなどをスマートフォンで見つつ今後のトレードに関して考えを巡らせる——などといったように、世界の金融に関する動きに対しても一般の人よりも鋭敏になるため、FXをやっていることでビジネスにも明るくなります。

hoho初心者は、トレードということで、どうしても勝ち負けや儲けに関してばかり目がいってしまいがちですが、FXを続けることによってこのような副産物的見識も、飛躍的に広がるということも覚えておきましょう。

アメリカの雇用統計や重要経済指標などについては、多くの人が知らないのが実情なのです。

このようなメリットを踏まえた上で、たとえ儲けが小額であったとしても、長くトレードを続けることこそ重要だと私は考えます。

FXを通じて世界の経済の流れを実感し、ワンランク上の人間を目指す。そんな人間こそがこれからのグローバル社会に必要になるはずです。

以前矢野研究所とFX業者であるCXCMジャパンが個人投資家向けのアンケートを実施していましたが、その結果まだFXはやっていないという人でも、その多くが意外にもFXの基本的な仕組みを知りたいと考えていることが判明しました。やはり皆さん興味はあるようですね。

引用: バイナリーオプション取引き.com

その次に最も多かった興味が、チャート分析の方法についてでした。

確かにこの2つは、FXを始めるにあたって重要な項目になりますので、多くの未経験者が気になっているのもうなずけます。

FXとよく比較されるのが株式ですが、一見似ているように見えるこの2つのトレードはその実大きく異なります。パラメータの設定も違ってくる上に、FXにはその時々の相場によってテーマがあるため、株式のテクニカル手法をそのままFXに使っても勝つことはできないのです。

FXではその時の相場のトレンドをしっかりと掴み、それに合わせてテクニカル分析を行う必要があります。つまりFXではトレンドに乗った人が最も勝ちやすいのです。

FXは株式よりもボラティリティーが少なく、そのためにトレンドが出やすいということも覚えておきましょう。

個人的な意見としては、こういった傾向にあるために参考にするテクニカル指標はトレンド系のものにした方がよいと考えています。